朝、UV下地とファンデーションをしっかり重ねてきたつもりなのに、午後にはピカピカとほぼすっぴんと化している今日この頃です。オイリー肌に転びがちなのは、インナードライ(肌表面はベタついているのに、肌の中は乾燥している)状態のとき。そんな肌の水分・油分のバランスが崩れているときは、潤い補給に特化したシートマスクに頼るに限ります。新製品&名品の保湿特化シートマスク3選をご紹介します。

肌トラブル対応を考えて設計されたブランド「エトヴォス」の低刺激処方の保湿マスク。「疲れが顔に出てるな〜」という日にはこちらに癒されます。(5枚入り)¥3500
シートも地厚でふっくらと肌当たりがやさしい。目の部分がくり抜かれてないので、閉じてまぶたまで保湿するもよし、目の下に折って重点的に保湿するもよしです!

こちらのマスク、合成香料を使っておらず、米麹のような、お米のとぎ汁のような香りがします。それもまた癒されるんです〜。

今の季節は、冷蔵庫に入れておいて、朝のお化粧の前に使うとヒンヤリと冷たくて気持ちいい。汗も引いて、毛穴もキュッと引き締まります。

もう一つ、メイク前の朝マスクとして常備しているのがアルビオンの名品中の名品「薬用スキンコンディショナー」のシートマスク。

日に当たってしまった日や、吹き出物ができかけているようなときも、炎症を鎮静化して潤いを届けてくれます。(8枚入り)¥3000
ペーパーマスクという名の通り、透けるように薄い素材。上のエトヴォスのように肉厚なヒタヒタタイプも良いですが、こちらのような薄いタイプも肌への密着感があり、つけたままウロウロできて忙しい朝にピッタリ(笑)。

8枚入り3000円という価格帯もリピートしやすいですね。

最近注目なのが「炭酸マスク」。おやすみ前のお気に入りはです。

Biople by cosme kitchenやナチュラルローソンなどで販売しています。(1枚入り)¥900
使う直前に美容液をシートに混ぜて使うセパレート構造。無添加処方でシートも100%ピュアコットンを使うなど天然素材にこだわっています。

ドイツなど世界に数カ所しかないという中性重炭酸泉。入浴剤使用者から「肌ツヤ、肌の調子がよくなった」という声を受けて、シートマスク化したそう。

1枚900円と決して安くないのですが、今日は甘やかすぞ〜という日にぜひ! 私は、出張に持って行きました。

先週まではミモレサイトリニューアルなどもあって、寝不足やピリピリと交感神経優位な日が続いていたので、肌の皮脂・潤いバランスが乱れていたみたいです。肌にも心にも優しい「潤い特化型」のシートマスクでヒタヒタ癒して回復したいと思います。

皆さんも回復デイにオススメのシートマスクがあったら教えてください。

これまで紹介したコスメ一覧を見る