みなさんはハーブを使った料理というと、どんな料理が思い浮かびますか? 手の込んだ洋風料理が思い浮かぶ方もいらっしゃるのではないでしょうか。
「実は、ハーブは白いご飯やしょうゆ味にも合うんです」そう教えてくださったのは、フードコーデネーターの七沢なおみさん。そこで七沢さんの著書より、人気のハーブを使った和食レシピをご紹介します。

イタリアンパセリとピーマンのひじきあえ


ビタミン、ミネラル豊富なイタリアンパセリと、鉄分たっぷりのひじきを合わせた体にやさしい副菜です。

 

 材料(2人分)
・イタリアンパセリ 3~4本
・ひじき(乾燥) 8~10g
・ピーマン(赤、緑) 各2個
・ごま油 大さじ1
・酒、しょうゆ 各大さじ1
・砂糖 小さじ1
・いり白ごま 少々

 作り方
1.ひじきはたっぷりの水につけてもどし、水けをきる。ピーマンはへたと種を取り除いて細切りに、イタリアンパセリはざく切りにする。
2.フライパンにごま油を熱し、①のひじき、ピーマンを中火で炒める。酒、しょうゆ、砂糖を加え、汁けがなくなったら火からおろし、①のイタリアンパセリを加えてごまをふる。

イタリアンパセリの効能
食欲不振、胸焼け・胃もたれ、便秘、貧血、口臭、免疫力アップ、泌尿器系、血管を丈夫に、イライラ、美肌、代謝アップ、むくみ

焼きとりのタイム風味


買ってきた焼きとりの鶏レバーを使うから下ごしらえなしであっという間にできてしまいます。鶏レバー以外にも、お好みの焼きとりで作ってみてください。

 

 材料(2人分)
・タイム 2~3本
・焼きとり(市販・鶏レバー) 3~4串
・しし唐 12 ~ 14本
・にんにく 1かけ
・オリーブオイル 大さじ2~3
・塩 少々

 作り方
1.焼きとりは串からはずす。にんにくは薄切りにする。
2.フライパンにオリーブオイルを熱し、にんにく、タイムを軽く炒め、焼きとり、しし唐を加えて中火でこんがりと焼き、塩をふる。

タイムの効能
風邪、頭痛、肩こり、疲労、胸焼け・胃もたれ、口臭、免疫力アップ、泌尿器系、のどの痛み、鼻づまり、水虫、リラックス、リフレッシュ、美肌、むくみ、ダイエット、月経トラブル

きゅうりとなす、ディルの浅漬け


北欧ではピクルスに使われるディルを浅漬けに応用。味が引き締まって、ご飯にもよく合います。塩こうじがなければ、塩でもむだけでもおいしくつくれますよ。

 

 材料(作りやすい分量)
・ディル 1~2本
・きゅうり 2本
・なす 2本
・塩こうじ 大さじ2~3

 作り方
1.ディルは粗く刻む。きゅうりとなすは一口大に切り、なすは水につけてあく抜きをし、水けをきる。
2.ボウルに①を入れ、塩こうじを加えてよく混ぜる。保存容器などに入れて冷蔵庫で半日ほどおき、味をなじませる。食べるときは軽く水洗いして水けを絞り、器に盛る。

ディルの効能
食欲不振、胸焼け・胃もたれ、口臭、不眠、リラックス、イライラ、月経トラブル


七沢 なおみ
フードコーディネーター。「LEE」「MORE」などの雑誌や料理単行本でスタイリストとして活躍後、おうちカフェやデザート、薬膳レシピなど、持ち前のセンスを活かした簡単でおしゃれな料理の本を手がける。数年前に更年期に伴う倦怠感にとらわれ、園芸療法の一環として市民講座で園芸を基礎から学ぶ。現在は趣味の園芸を楽しみ、近所の公園の園芸ボランティアとしてハーブガーデンを担当。著書に『』(講談社)、『』(共著、文化出版局)、『』(祥伝社) など。

 


著者 七沢 なおみ 1200円(税別) 講談社

人気フードコーディネーターとして活躍した七沢氏は、更年期で体調を崩し、毎日の食事やリラクゼーションなどにハーブを取り入れるようになりました。ハーブは薬効のある植物の総称で、主に香料や食事などで活用されています。野菜より薬効が強く、治療やアンチエイジングにも効果的だと言われています。でもハーブ=手の込んだ洋風料理と思い込んでいませんか?
○実はご飯やしょうゆ味に合う ○市販品にちょい足しで風味UP
○肉や魚や野菜にのせたり、あえたりするだけ
など、驚くほど簡単に毎日のおかずに使いこなせます。
本書は人気8種(バジル・ローズマリー・コリアンダー・ルッコラ・ミント・イタリアンパセリ・ディル・タイム)の厳選した63レシピを紹介。魚にのせて焼くだけ、みそ汁に入れるだけの和風おかずや、市販品にちょい足しでエスニック風、炭酸水に生のハーブを入れただけのハーブソーダなど、目からウロコのお手軽活用術がいっぱい。
ハーブは彩りや香りを添えるだけでなく、風味で食欲をアップさせて、胃腸の調子まで整えてくれるうれしい食材です。ハーブをおいしく食べて、心と体をすこやかに保ちましょう。

『こんなに使える!ハーブレシピ』のほか、最新のダイエット、美容・健康、ファッション情報など講談社くらしの本からの記事はこちらからも読むことができます。


・第2回「デトックス&更年期トラブルにも!女性が食べたいハーブレシピ」はこちら>>
・第3回「夏を爽快に乗り切る! 清涼感NO.1ハーブ、ミントのレシピ」はこちら>>

写真/青砥茂樹(講談社)