ミヅキさんからの質問
Q. 忙しい彼に「会えなくて辛い」と言ってしまい、
申し訳ない気持ちです。

最近お付き合いを始めた男性がいるのですが、仕事が忙しいようで、最初に数回会えたきり1ヶ月近く会えていません。私は寂しくてたまりませんが、この方との関係は続けたい気持ちはあり、どう前向きに待てばいいのか悩んでいます。彼にも「頑張って待つ」と前向きに言ってみるものの、別のときには「辛い」と言ってしまい、こんなことで振り回して忙しい彼に申し訳ないです。何か良いアドバイスを頂けないでしょうか?(37歳)

特別ゲスト 佐々木圭一さんの回答
A. 彼の好む会い方を考えて、彼に提案してみましょう。
その際「こんなに会いたいのはアナタだけ」 と
伝えると尚良いでしょう!

ミヅキさんは彼に迷惑をかけたくない、という思いがとっても強いのですね。「会いたい!」と言って喜んでくれる人も、きっといるでしょう。でももちろん、そうでない人もいるもの。そんなときはどうすればいいのでしょう……。
ストレートに

×「会って!」

と言うと、「忙しいのに面倒だな」と感じてしまう人もいることでしょう。そこで、こう言ってみてはいかがでしょう。

「仕事終わりに、サクッとごはん行けないかな?こんなに会いたいなって思うの、◆◆さんが初めてだよ」

この伝え方には、「相手の好きなことを提示する」という技術と、「あなた限定」という技術の二つが使われています。

まず、忙しい彼にとって「サクッとごはん」というのは、きっと“好ましいこと”だと思います。そうすると、「少しの時間ならいいかな」と思ってくれるのではないでしょうか。さらに「こんなに会いたいのは、あなただけ」と、「あなた限定」を使って伝えることで、「そんなふうに思ってくれるなら相手の希望を受け入れよう」と彼の気持ちを動かすことができるのではないかと思います。

人一倍気を遣うミヅキさんにとっては勇気がいるかもしれませんが、彼との関係を長く続けていくためにも、思い切ってこの“伝え方の技術”を使ってみてください。
 

PROFILE
  • 佐々木圭一(ささきけいいち)コピーライター、上智大学非常勤講師。博報堂を経て(株)ウゴカスを設立。博報堂入社後、コピーライターの部署に配属されるものの、伝えることが得意でなく、ストレスから1年で15%の体重増に。そこから、伝えることには技術があると発見、人生が変わったという経験を持つ。その技術を綴った著書(ダイヤモンド社)はベストセラーに。他に、がある。 この人の回答一覧を見る
 取材・文/山本奈緒子 

 

ライフスタイルのお悩み回答者一覧