みなさん、こんにちは。とても暑い日が続いていますね。体調などは大丈夫でしょうか?無理をしないように気を付けていきましょうね!

さてさて、今日はかご編みについて書いてみたいと思います。

主人の実家の山には、アケビやクルミの木があります。多分山奥には山ぶどうの木もあります。

みなさんは、このような天然素材で作られたバッグなどを見たことはありますか?

私は山形のデパート!にて山ぶどうのバッグを見たときにびっくり!しました。お、お値段が、ブランドバッグのようなお値段なのです・・・。クルミなどで出来たバッグについても、大体3万から5万円!山ぶどうだとうん十万円!!

そして、主人にその話をすると、家の山に沢山あるぜ。材料なら・・・。材料あってもね。作る腕が無いとね・・・(笑)

みなさんそれぞれの作りたい作品を先生にお聞きしながら作っています。私はここでは若い方!!(笑)でも、みなさん優しくて楽しいですよ。

私はみんなから言われるし自分でも自負をしていますが適当でいい加減!!!細かい作業が苦手です。なので、かごは難しいかな?と本を眺めているだけでした。でも、天然素材のバックは、その風合いをいかしたナチュラルな作り方も味があっていい。なんて話もきいて、味があるなら私もできる(笑)??と思いながらも何もしないでいたところ昨年、師匠に会うことが出来ました。80過ぎのおじいちゃんなのですが、その方のお家にはクルミやアケビで作ったかごが収納かごとして使われていてとっても味があって素敵!「齊藤さん習いたいなら僕の行っている教室を紹介するよ。」と言われて昨年より通い始めました。

今まで作った作品

一番最初に習うパン皿です。同じように見えますが、真ん中の編み方が少し違います。

はじめて講座に行き、皆さんがすごい作品を作っている中で、ひっそり(笑)と師匠のご指導の下作りました。

でも、ほとんどその師匠が(笑)作っていたような・・・多分今これを一人で作れと言われたら・・できないかもしれません(笑)。

左側がクルミで作ったかごです。右側が籐で作った乱れ編みという作り方をしました。

こういうものが作りたい!というのが漠然としているため。いつも行き当たりばったり(笑)かご編みの本を読みながら、これならできるかな?と師匠にきいて作ります。師匠も私と系統が似ていて(笑)適当です(ここだけの話(笑)

乱れ編みは、とくにこうやりなさい!というのが無いため、私は楽でした。でも、乱れているようにみえても適当ではだめらしく全体のバランスを見ながら蔓を通していきます。

クルミのかごは、本当は本の中ではアケビの蔓で作っていたのですが、当日アケビの蔓を忘れてしまったのでたまたま持ってきたクルミで作ってしまうという適当さ・・。なのでお手本のかごとは全く違うタイプの作品となりました。

そして今回、いつも師匠にばかり作ってもらい悪いのでそろそろ独り立ちをしよう!と一人デビュー。今回は本をよんで決めたのが、アケビのナチュラルなかご!

鳥の巣ではないですよ(笑)作成途中のかごです。
 

昨年の冬、雪の降る前に森に行ってアケビの蔓を掘ってきました。そのアケビで作りはじめた作品です。

材料も、ここにあるもの、そして私自身が手をかけ暇をかけて作るかご。まあ出来は微妙なのですが(笑)なんだかとっても贅沢な時間が流れているなーと感じる日々なのでした。完成しましたらまたご報告しますね!

置賜四季の暮らし舎

置賜四季の暮らし舎FBページは

置賜四季の暮らし舎Instagramは