こんにちは!

いかがお過ごしでしょうか。                      

今回は、私と家族の「自然とのふれあい」についてご紹介します。 

沖縄在住とはいっても、街の中に住んでいると、自然との触れ合いが薄くなったりします。コンクリートの道を走り、クーラーの効いた空間で日常生活をこなし、一日が終わることも。朝一番で窓を開け、「ああ、電線の空!」なんてことが、街中では珍しくありません。

そこで、私たち家族がよく訪れるのが、「瀬長島」です。

那覇空港から車で約15分という便利な立地にあり、2015年8月にがオープンしたことで、だいぶリゾートな空間になりました。

開発前は、海、雑木林、野良猫たち!のほんわかアイランドでしたが、いまではすっかり観光地として定着している様子です。

 
約30の飲食店や雑貨屋さんがあり、ちいさな町の様です。この日は台風が近くにあり、あいにくの天候でしたが、それでもお店は賑わっていました。 夜はライトアップされて、キレイです!

私たち家族が過ごすのは、もっぱら夕暮れ後~夜の時間帯。ドライブがてら訪れています。夜空の星を眺めたり、月夜に輝く海面を見ながら娘と「音ゲーム」をしています。(波の音を、さまざまな擬音語で表現し合うゲーム。。ザパン、チョボチョボ、、チャポン、、意外と難しいのです^^;) 

月夜が明るい夜には、浜に降りて生き物観察をしたりします。ヤドカリやフナムシ、小さな海老や蟹、魚たち、、 地球のいろんな姿に、ワクワクして過ごします。

海に面してずらりと並ぶベンチ。景色を眺めてボーーっと過ごすのも◎
 
↑こちらの写真中央に、ちいさな魚が映っています。難しいクイズです。(笑)
自然と触れ合う事は、やはり心身が安らぎます。せめて、携帯はオフにして、つい色んな事を「考えて」しまう頭も休ませて、風を感じて過ごしたいものです。増える電柱、かさばる電線。これで良いのか?沖縄の未来。ゴミポイ捨ても「美ら海」のうち?(まったく、「あ~キレイな海」とか言って煙草ポイ捨てするのはどないやねん。と一人心の中で突っ込む夕暮れ。あ、もちろん拾います。)

日常の中では、なぜだか情報を追い求めてばかりになってしまい、自分の在る状況をゆったりとみつめ、感謝することが疎かになってしまいます。電気があって、水があって、本当は衣食住に恵まれているのに、何をそんなに「良く」したいのか?と、夜風を浴びてようやく自分に戻ります。

きらきらの夜空のもとでは、日頃はむかつくさまざまな事もおとなしくなります。意識的に、自然を知り、自然と関わる暮らしを心がけたいと思います。

さて、こちらの瀬長島、海と夜空を眺めつつ、ビールも飲めますよ♪芝もあるので、ごろんと休まれるのも◎ 沖縄本島南部や北部まで訪れる時間が無かったり、お子様連れの方にもおススメですので、ぜひ♡