こんにちは。編集部の朏です。6月16日(土)にFREAK’S STORE渋谷店で大草編集長のトークイベントが行われました!

ミモレ内でFREAK’S STOREのアイテムを使ったコーディネート提案&撮影を担当された大草編集長。本日はそのなかから夏らしいインド綿のワンピースをチョイス。
大草編集長がミモレで提案した「大人の最愛リラックスコーデ」のアイテムがずらり。鮮やかな色や柄が効いた夏らしいコーデに、お越しいただいた方からも「素敵♡」の声が。

 

大人のリラックスコーデはカジュアルだけで終わらせない


今回は夏を間近に控えた“大人のリラックスコーデ”をテーマに、FREAK’S STORE発のブランド「フリーダ」のディレクターである小笠原希帆さんとのクロストーク形式に。
ミモレでのコーディネート提案に際し「夏のリラックスコーデというと、太陽やソテツなど明るいイメージがありますよね。けれど、婦人世代のリラックスコーデにはどこか光と影、湿度などのコントラストも重要だと思っているので、ビジュアル面もそこを大切にしました」と冒頭でお話された大草編集長。また、ただカジュアルに着るだけではなく、婦人世代は「ヘアやメイクなどはナチュラルになりすぎず、少し手をかけたほうがバランスがいい。どこかにポイントをいれることも重要」というお話も。

大草編集長と「フリーダ」ディレクターの小笠原さん。「フリーダ」のブランド名のインスピレーション源でもあるメキシコの画家、フリーダ・カーロは大草編集長も敬愛する人物。おふたりとも、小麦色の肌にFREAK’S STOREのアイテムがお似合いです。

 

トマトカラーやサフランイエロー、夏は鮮やかなカラーを楽しみたい


店頭に並んだ、フレッシュなカラーが目に鮮やかなFREAK’S STOREの春夏。後半では、大草編集長とディレクター小笠原さんに、それぞれのおすすめアイテムを伺いました。

ミモレでも紹介した鮮やかなトマトカラーのティアードワンピース。コーデでは、デニムと合わせた提案を。夏は鮮やかなカラーにぜひ挑戦してみたいとの声も多数あがりました。
 

大草編集長のFREAK’S STORE夏のおすすめアイテムは、インド綿の軽やかなワンピース。「昔、自分の母親世代も着ていたような懐かしさも覚えるワンピース! おしゃれって巡るんだなと思います(笑)。1枚で着るのはもちろん、デニムを合わせるのもいいと思います。さらに、旅先で水着の上にさらっと羽織るのも素敵ですよね」。

足元のイタリアンレザーのサンダルも大草編集長のイチオシ。「一見重そうに見えるけれど、すごく軽くて歩きやすい! 安定感も抜群」

ディレクター小笠原さんのおすすめは、ミモレの記事内でも使用した「フリーダ」の巾着型バッグ。「タイのヴィンテージ生地を使った1点1点オリジナルのバッグで、夏コーデのポイントにも活躍してくれるんです」

 

ミモレ編集長として最後のイベントを終えて・・


実はこのイベントがミモレ編集長としての最後のイベントに。大勢集まっていただいたミモレ読者の皆様に、大草編集長からご挨拶がありました。

 

「こうして皆さんとイベントで直接お会いして、お話させていただけるということが、私とミモレにとって本当に素晴らしい財産でした。ありがとうございました。ミモレ編集長としては最後になりますが、今後もミモレや秋以降のイベントなどでもお目にかかれると思いますので、またぜひ遊びにいらしてくださいね」と語る大草編集長に会場からは大きな拍手が。川良先輩、バタやんとともに、側で聞いていましたが、太陽なような大草編集長の明るいスタートを感じさせるご挨拶に、会場の皆さんも笑顔に。3年間、編集長としてミモレを導き続けてくださった大草編集長、本当にお疲れさまでした&これからもよろしくお願いいたします!

カジュアルなアイテムを使ったリラックスコーデも、合わせるアイテムや色次第で、こなれた大人の夏コーデになるのだと実感したトークショーでした。ついついカジュアル一辺倒になりがちな夏の日々、アクセサリーやヘアメイクなど、細部にこだわったコーデを心がけようと誓いました。お越しくださったみなさま、ありがとうございました!

最後に、FREAK’S STOREプレスの栗原さん、フリーダディレクター小笠原さん、大草編集長、そしてミモレのイベントでは毎回といえるほどお世話になっているフリーアナウンサーの安田さんと。


構成・文/朏亜希子