60歳でパソコンを始め、その後、エクセルアートの考案、スマホのアプリゲームの開発と、独学で次々と新しいことを始めていった若宮正子さん。82歳になった昨年、アップルから世界開発会議「WWDC2017」への招待を受け、CEOのティム・クックと会談する機会も持った。最近は電子工作も始め、「学ぶことが楽しくてたまらない」と目をキラキラさせて語る。その姿はまさに、Casa-planta世代が思い描く“理想の100年ライフ”と言えるかもしれない――。

若宮正子 1935年生まれ。東京都出身。三菱銀行(現在の三菱UFJ銀行)を定年退職後、パソコンを学び始める。1999年に創設されたシニア世代のサイト「」の創設メンバーで、現在は副会長を務めている。2017年に、米国アップルによる世界開発社会議「WWDC2017」に招待され話題に。また「人生100年時代構想会議」の有識者メンバーでもある。著書に『』(新潮社)、『』(ぴあ)がある。


固定概念がないことが私の強み


エクセルシートのセルにいろいろな方法で色をつけたり、罫線の色や形を変えたりしてデザインしたら面白いのではないか? あるとき若宮さんはそう考え、エクセルシート上に様々な色とりどりの“模様”を描き始めた。それがエクセルアート。今や100以上の図案を持ち、ネット上で「エクセルアート・ミュージアム」も展開している。

「皆さんそうだと思うんですけど、エクセルといえば表計算と思い込んでいて、シニアのパソコン教室でも家計簿や血圧をつけるグラフなんかの作り方ばかり教えているんです。ちょうどその頃、私もシニアにエクセルを教える教室を持っていたのですが、それじゃつまらないと思ってエクセルアートを教えたら、大好評で。私はもともと固定概念というものがなくて、『やりたい』と思ったら、人が何と言っていたって自分のやりたいようにやっちゃうんですよね(笑)」

若宮さんが考案したエクセルアート。このデザインをもとに、うちわやブックカバーも作っているそう。

その我が道を行く姿勢は、ときに「年だから無理」「素人にはできない」と思われていることを軽く乗り越えてしまう。やがて世の中にスマホが普及し、スマホのゲームアプリというものが人気を博し始めると、今度はいきなり「ゲームアプリを作りたい!」と言い出し、実際に行動を起こし、わずか6ヵ月でシニア向けゲームアプリ「hinadan」を作り上げてしまった。もちろん、思い立った時のアプリ開発知識はゼロだ。

「スマホゲームは若者向けのものばかりでしょう? それで知り合いのアプリ開発者の方に『年寄り向けのゲームを作ってよ』と言ったら、『自分で作ったらどうですか』と言われて。私はお調子もんだから、『じゃあやってみようかしら』とその気になってしまったんですね。そこから本を読んだり、そのシステムエンジニアの方からスカイプやメッセンジャーで遠隔授業を受けたりして、ひな祭りにちなんだゲームを作り上げたんです。しかも『ひな祭りまでに間に合わせたいから、基礎を学んでいる時間はない。作るために必要な知識だけ教えて』とムチャクチャ言って(笑)。だって、ひな祭りのことなら年寄りのほうが知識があるから若者にも勝てるでしょ?」


ある日、アップルから届いた招待状


結果的に、見事ひな祭りまでにゲームアプリ「hinadan」を完成させ公開した若宮さん。高齢者にはもちろん、「おばあちゃんと一緒に楽しもうと思いました」というレビューも載せられるなど、若い世代にも好評を博した。そしてその注目は、ユーザーだけでなく次第にマスコミからも寄せられるように……。

「楽しんでプログラミングをしていたら、アップルに招待されるなんて派手な話になって……」と笑う。

「私に教えてくださっていたアプリ開発者の方のお友達に、朝日新聞の記者の知り合いがいましてね。『今僕の友人が、81歳のおばあちゃんにアプリ開発知識を教えているんだよ』とポロッと言ったら、その記者さんが『面白い』と私のところに取材にきたんですよ。これがまた、けっこう大きな記事になったんです。すると今度はその記事をアメリカのニュース番組・CNNがウェブで取り上げて。あっという間に拡散されていって、それがきっかけとなったのか、あるとき突然アップルから『お会いしたい』とメールがきたんです」

その後若宮さんのもとに、アップルから「WWDC2017」への招待状が届く。アプリ開発者なら誰もが、自腹でも出席ししたいと憧れるような世界開発会議だ。ところがこれを若宮さんは、「旅行の予定があったから」とあっさり断ってしまったという!

WWDC2017」でアップルのCEO、ティム・クックと会談した後に撮影された1枚。この額に入れてアップルがプレゼントしてくれたそう。

「ちょうど、年に一度の友達との旅行が入っていたんです。それで断ったら、『ティム・クックCEOがどうしても来てほしいと言っている』と、もう1回メールが来て。そのことをある知り合いに話したら、『ティム・クックからの誘いを断ったってマジですか!?』と絶句されましてね。『そんなにすごい人なのか』と思って、旅行のスケジュールを調整してアメリカに行くことにしたんです。ティム・クックCEOとは挨拶ぐらいして終わりかと思っていたら、『あなたのアプリを見ながらお話しましょう』とどっかり会談が始まって(笑)。そのときティムは『あなたにはとてもstimulateされた(刺激された)』と言ってハグしてくれて、一緒に写真まで撮ってくれたんです。しかも帰り際、その写真をスタッフの方が額に入れてプレゼントしてくださって。そんなにもてなされると思ってなかったから、びっくりしましたよ」

 しかし、事はこれで終わりではなかった。「WWDC2017」から帰ってきた若宮さんのもとに、今度は内閣官房から「人生100年時代構想会議」の有識者メンバーになってほしいとのメールが届いたのだ。

「最初は『政府に取り込まれるなんてごめんだ』と思ったんですけど、よく考えたら高齢者として訴えたいことがいっぱいあるのに、ここで言わずしてどこで言う?と思いまして。それで月に1回、首相官邸に行って、超高齢社会への私の考えを述べているんです。私の人生、80歳を過ぎてからが一番忙しいかもしれないですね。本当に、こんなことになるとは夢にも思いませんでした」


これからは“リケ女”になることが大事


「人生100年時代」といえば、私たちCasa-planta世代も非常に気になっているテーマ。若宮さんは、年齢を重ねても充実した毎日を送り続けるために何が必要だと考えているのだろうか?

最近は「コンピューターの基盤作りをしてみたい」と、部品を購入して学び中。それが楽しくてたまらず、「先のことを憂いている暇なんてない」と語っていたのが印象的。

「今までは人生80年ぐらいと考えて人生設計をしてきた人が多いと思うのですが、それが気づけば100歳まで生きるのが当たり前の時代に。あと20年どうするんだ?って話ですよね。そこで必要なのが“学び直し”だと言われています。実際私は、高校までに学んだことは60歳の時点ではとっくに減価償却済みで、定年退職後の人生を楽しむために新たにITの知識を習得し直しました。だからCasa-planta読者の皆さんも、ぜひ“リケ女”を目指してください。これからはとくに、理系が弱いと厳しい時代に突入しますから。すべての管理がIT化されてくるだろうし、介護だってロボットがするようになるかもしれない。だから後期高齢者は最低でもITシステムを使いこなせるようにならなくてはいけない。前期高齢者ならもっと必要で、自分の欲しいしシステムは自分でプログラミングできるまでにならないと!」

 次々とIT専門用語を繰り出し、日本社会の課題について熱く語る若宮さん。その知識の豊富さに、若宮さんよりはるかにITに馴染んだ世代であるはずの私たちのほうが、時折ついていけなくなるほど。一体その好奇心と学ぶエネルギーはどこから沸いてくるのか? そこで健康法についても伺ってみると……。

 

「運動もしていないし、食事も全然気をつけていません。生活リズムだってメチャクチャで、用事があれば早起きすることもあるし、作業がはかどらなければ夜更かしすることもある。もちろんそれで全くの健康ということはなくて、年相応にガタはきています。でもお医者さんは『いいんですよ、それが当たり前ですから』と言ってくれる。だから私はポジティブに捉えて、今まで通り好き勝手なペースで生きているんです。長生きはしたいけど、そのために我慢ばかりしていたのでは意味がない。人生は“質×量”が大事だと思うんですよ。ホーキング博士だって、病気で体は不自由だったけど、1万人の人間がいてもなし得ないことをしました。質のいい人生だから、悲観してなかったと思うんですよね。いくら長生きしても、薄味で味気ないご飯ばかり食べてちゃ楽しくないでしょう? だから私は、今さら生活習慣を正そうなんて思いません。だいたい、80年も続けてきたことだからもう染み付いてしまっています。変えようにも、手遅れですよ(笑)」

撮影/水野昭子 取材・文/山本奈緒子