聖路加国際大学での
1年生への講義を終えて

昨日、ご縁を頂き、聖路加国際大学の1年生に向けて、おしゃれや装いについての講義をさせて頂きました。

看護師を目指す人がほとんど。目的意識がはっきりしているからか、もしくは学校の特徴なのか、みんな、素直でポジティブ。若者特有の斜にかまえる感じがなく、楽しく講義を終えました。

若い方が興味をもてるように、座学より実学を目指し、M·A·Cさんにご協力いただき、メイクのデモンストレーションも入れました。

私たち世代よりも、服とメイクの「重き」の割合が違うなあ、と感じていたので、そのコンテンツはマストでした。

M·A·Cはもちろん言うまでもなく若い世代に人気ですが、それだけではなく。元々で、エイズ基金にはすでに400億円を寄付した実績があるそうです。以前同い年で仲良しのブランドPRの方と、食事をしていたときに、私たちが過去たくさん先輩に頂いた愛情を、次の世代に残したいよね、と話していたことが、今回実現したのです! THANK YOU MAC!

人生100年だとすると(笑)、まだ折り返し少し手前。前半に頂いたことを、少しずつ、社会に、後輩に、身近な人に返していく後半戦にしたいな、と思います。

と余韻に浸りながら、今日からパリへ!

またリポートしますね♡

大草 直子

  • 講義はこんな感じ。横には、モデルを務めてくださった学生さんが♡
  • M·A·Cの池田さんが、メイクをレタッチ。愛用中のを塗ってくださいました。
 
CREDIT :

ワンピース/ヴェルメイユ パー イエナ
ピアス/アダムエロペで購入
バッグ/フェンディ