聞かれてもいないのに告白を始めますが、どーもワタクシ、セクシーすぎる下着というのが苦手でして……。といいますのも、せっかくステキな下着をつけても「もしも私が豊かなお胸の持ち主だったら、このブラジャーの美しさをもっともっと生かせただろうになあ……。ごめんよ、ブラジャー」と、下着に対してものすごく申し訳ない気持ちになってしまうのです。

かといって、ものすごくヘルシーすぎる下着も“スポーツブラ感”“部活感”が出てしまい、それもまた中年としていかがなものか、と。

ということで黒やネイビー、カーキグリーンなどのダークカラー、装飾はほどほど、という線に落ち着きつつ、着る服に応じてカップ付きキャミソールなどを駆使している毎日です。

と、そんな折、なんだかとってもしっくりくるブランドに出合いました。というリラクシングウェアのブランドです。

メッシュ素材だから涼しくて、これからの季節にも重宝しそう。スリップ¥11000/

スカートやワンピースを着た日には、キャミソールとペチコートの役割を一気に果たしてくれるスリップが便利で愛用しています。これは何といってもシックでモダンな色にひとめぼれ。さらに素っ気ないほどシンプルなデザインと、メッシュ素材とのバランスも気に入りました。メッシュだから速乾! 旅行にも便利です。

それから「cohan」の名品として大人気なのがこのカップ付きキャミソール。

¥8000/cohan

そもそもこの「cohan」、1841年創業の老舗繊維メーカーからデビューしたブランド。このキャミソールも両脇に縫い目のないシームレス製法だから、肌への負担が少なく、かゆくなりにくいそう。(婦人の肌は乾燥しやすいので、夕方になるとかゆくなること、ありますよねー)

あと、私がカップ付きキャミソールでこだわっているのがフロントのV開き。これは深めの開きが特にきれいで、襟ぐりが大きく開いたトップスを着ても安心です。

世の中に多く出回っているものは、ここがストレートラインのものがほとんど。例えば、透けるシフォン素材のブラウスなどを着る日には、胸もとがストレートラインのほうが変ないやらしさが出ないのでおすすめ。上手に使い分けたいですよね。

ルームウェアも取り扱っているので、他にもこの辺りが気になりましたよー。

スウェット¥16000/
キャミソールドレス¥15000/

それにしても、婦人世代のランジェリー事情って、どんな感じなんでしょう?? 聞いてみたいわぁ! 仲のいい女友達でもあんまり話すことないですからねー。温泉やプールに行ったとき、婦人のみなさんがどんなランジェリーをつけているのか、ついつい気になってしまう私です。(もちろんじっくり見ないようにしていますよーー!←ホントはしっかり見たいし、ついついクセで話も聞きたくなっちゃいますけど!!)