春一番のお洋服のお買い物は、珍しくを選びました。

ミモレ編集部は今、ピンクがブーム!?(鈴木ちゃんも大森先輩も)ずっと一緒にいるからか、選ぶ色もシンクロしてきますね。私はとグレーのパンツを合わせてみました。

出張の多いミモレ編集部。
温度調節にも、華やかさのプラスにも、ノースリーブの二の腕隠しにもなるVネックカーディガンが一つ欲しいなと。
春〜真夏〜秋まで活躍しそうな上質なシルク素材のものを(ちょっと奮発して)選びました。

最近気になっていたというニットを中心とし、旅をテーマにしたブランド。もともとニット用原糸メーカーが母体とあって、素材がとっても繊細で上質です。でツヤがありなめらか。

カーディガンなら迷わずネイビーかグレーを選ぶところ。

なぜピンクに挑戦したかというと……

先日、立教ミモレ大学でも講演いただいた髙橋みどりさんに仕事服を指南してもらう企画の撮影をしました。その時に、「似合う色、似合わない色の判断基準」について質問をしたら、「似合う・似合わないより、(仕事の場では)相手にどう見せたいかで色を選ぶべき」とおっしゃってて、とっても納得!

優しく見せたいのか、知的に見せたいのか、あるいは、有能に見せたい、親しみやすく見せたい……など。それが最優先にあって、色選びがある。仕事の場で、あなたに似合うか、似合わないかは二の次よ(笑)と明るく辛口なみどりさん。(こちらの特集は月末公開予定です。ぜひお楽しみに!)

私はあまりピンクが似合わないという思い込みと、ネイビーやカーキが好きという自分の好みを優先していたのですが、新鮮な印象を作るのに、いつもと違う色にトライしてみようかなという気持ちになりました。

いつもと違う色にチャレンジすると、ほかのアイテムの色選びも悩みました。コートをカーキにしたら桜餅みたいになっちゃったのでベージュに(汗)。バッグにピンクをリフレインしました。
実はこの日は、ミモレとしても個人的にも“待望の”三尋木奈保さんのインタビューと撮影でした。はしゃいだ気持ちとフレッシュな気持ちを桜色のカーディガンに乗せて。

夏は中に白いTシャツを着たり、ワンピースの上に羽織ったりしても可愛いかなと、新しい色がワードローブに加わると妄想が広がります♫

CREDIT :
コート/ビューティフルピープル(この日と同じ
/アダワス
/マディソンブルー
パンツ/セラードア(この日と同じ
バッグ/メゾン マルジェラ(この日と同じ
靴/チャーチ(この日と同じ

川端 里恵

ミモレでは主に美容とシステムを担当。身長151㎝。ストリートカジュアル育ちのため、ボーイッシュとプレッピーが大好き♡ですが、本当に学生に間違えられることも……。大人の素敵な女性を目指して日々これ精進なりです。

これまで紹介したコーディネート一覧を見る